友達から恋人へ!女友達をその気にさせる4つの方法

友達から恋人へ!女友達をその気にさせる4つの方法

【二人だけのデートの機会を増やす】

 

 

 

女友達をその気にさせるには、まずは、あなたに対する彼女の「友達の一人」という意識を変えさせなければなりません。いつも複数の友達とわいわいやっているばかりでは、あなたのことを男として意識してもらうことはむずかしいでしょう。

 

 

 

彼女の意識を変えるためにすべきなのは、二人だけのデートを増やすということです。映画を見に行くのでもいいですし、イベントに参加したり、最新のスポットへ行くのでもいいでしょう。もちろん食事デートもおすすめ。とにかく、積極的に彼女をデートに誘い、二人だけの時間を持つようにするのです。

 

 

 

二人だけでデートする機会を増やせば増やすほど、彼女にとってあなたが「他の男友達とは違う存在」に見えるようになっていくはず。そういう意識を持たせることが、女友達をその気させるための第一歩と言っていいでしょう。

 

 

 

【スキンシップを多くする】

 

 

 

物理的な距離を縮めるというのも、女友達をその気にさせるためには有効な方法です。二人きりでデートするときは、できるだけ肉体的な距離を近づけるようにしましょう。

 

飲食店では、向かい合って座るよりも、並んで座った方が距離はまちがいなく近くなります。公園のベンチに座るとか、電車で並んで座るというのも、距離を自然に縮める方法です

 

 

 

さらに、スキンシップを積極的にするというのも効果的。並んで座っている時、自然に腕に触れたり、冗談っぽく肩を抱いたりしてみましょう。並んで歩きながら、手が触れ合ったタイミングで手をつなぐというやり方もあります。

 

または、町を歩く時、「危ないよ」と手を握り、エスコートすることでスキンシップを図るというのも上手なやり方です。

 

 

 

大人数での飲み会やイベントの時でも、できるだけ彼女の隣にポジショニングして、スキンシップの機会を作りましょう。ぬくもりや息づかいを感じさせることによって、あなたを異性として意識させるのです。

 

 

 

【彼女のことを女としてほめる】

 

 

 

彼女に自分のことを異性として意識させると同時に、こちらから、「異性として意識している」ということを、それとなく伝えるという方法もおすすめです。

 

いっしょにデートしている時などに、彼女のことを女としてほめましょう。

 

 

 

たとえば、「髪型変えたら、すごく女っぽくなったね」、「前から思ってたんだけど、〇〇(女友達の名前)って、目が色っぽいよね」、「最近、すごく魅力的になったんじゃない? なんだか女として見ちゃいそうだよ」と言うようにほめるのです。

 

こういうほめ方をされてうれしく感じない女性はいません。それと同時に、「自分は君のことを女として見ている」ということを自然な形で伝えられるのです。

 

 

 

【家デートをする】

 

 

 

心身ともに二人の距離をもっとも縮めることができるのは、家デートでしょう。お互いの家で二人だけで過ごせば、自然に距離は縮まります。その際、部屋でいっしょに飲食するのがもっとも効果的。

 

二人でいっしょに料理を作って、いっしょに食べるというやり方をおすすめします。

 

 

 

いかにも恋人同士がやりそうなことをすることで、女友達が「その気」になる可能性は高まるに違いありません。お酒が入ればなおさらです。

 

ここでも上手にスキンシップを取って、ムードを盛り上げるといいでしょう。