親しい女友達とやりたいと思った時に!ポイントは縁が切れてもよいかどうか

親しい女友達とやりたいと思った時に!ポイントは縁が切れてもよいかどうか

親しい女友達とやりたいと思ったときに注意したいのは、その女性と縁が切れてもよいかどうかです。例えば口説いて彼女にしてしまうのが一番わかりやすい方法です。リスクを避けられますし、後腐れもなくなります。振られたら振られたでそれはそれです。割り切れる関係かどうかが重要なのです。

 

 

 

◆体目的は嫌われる要素になりやすい

 

 

 

注意したいのは、体目的だけが先行してしまった場合です。性的な関係自体にゆるく、たくさんの男性と関係をもっていることがわかっているなら多少話のハードルは下がります。しかし、性に対して自制心が強い女性に下手に話題を振ると取り返しがつかないことになります。

 

 

 

特に、女友達などのネットワークに情報が広まるスピードに注意が必要です。職場の関係であればそちらにまで広がってしまう可能性があります。当然後先の事を考えて行動しなければならないため、自然と手段が限られる場合が多いのです。

 

 

 

◆男女では体の関係の考え方が違う場合が多い

 

 

 

男性と女性の性の考え方で大きく違うのは、妊娠のリスクです。避妊をしても妊娠のリスクをゼロにする事は出来ないのです。ゴムをつけていても不良品であれば妊娠してしまう可能性があるからです。また、SEX中は無防備になってしまうため、抵抗できなくなることを不安に思う人もいます。

 

 

 

口説いて落とせる可能性がある場合は、まず口説くのが先です。愛人関係に関してはリスクがあるものの、実際にやってしまうのも方法だからです。ただし、その後の責任のとり方は考える必要があります。

 

 

 

◆別な形で気をそらした方が安全で無難

 

 

 

気持ちをそらす方法もあります。わかりやすいのはAV動画などで良く似た女優などを探す方法です。動画で足りない場合は風俗を利用するなど、自分の性欲を発散させるほうを優先した方が良いのです。

 

 

 

もし、たびたびやりたいと思うようであれば、相手が好きかどうか、どのような関係を築いていけるかを考えるべきです。無責任に手を出すと人間関係が破綻する恐れがあるからです。間違っても力ずくでと考えないようにするのが大切です。男女の性に関する話はかなりシビアになっていて、一発逮捕の恐れもあります。

 

 

 

酒に酔わせても駄目なものは駄目です。これは体目的と思われる可能性があるからです。酒を飲ませた上で口説いて同意を得たなら問題はなくなりますが、話の運び方が強引であれば後々問題になる可能性もあります。女友達であればそれだけ問題が尾を引く可能性が高くなります。

 

 

 

◆まとめ

 

 

 

総合的に考えて面倒なことが多いため、親しい女友達とやりたいと思った場合は性欲は別な形で発散させるのが基本になります。そうでなければ覚悟を決めて口説くかです。自分自身に彼女がいる場合や、相手に彼氏がいる場合はまず性欲は別な形で発散させます。それでもおさまらない場合は人間関係が壊れるリスクを背負って行動する形になります。

 

 

 

SEXをする友人を受け入れられる人間もいれば、受け入れられない人間もいます。自分がどのようなコミュティに所属しているか考えた上で選択する事も大切なのです。