女友達をセフレにする方法・体験談のまとめ

女友達とセフレな関係になるのはありなのか、なしなのか

女友達とセフレな関係になる、男性なら一度は考えたことだとおもいます。

 

友達とはわかっていても、顔がタイプだったり体がとても好みだったり、ムラっとすることは一度や二度経験しているはずです。

 

 

 

だけどまわりにそんなことをしていると知られたら、と思うとなかなか手出しができないと思います。

 

思いとどまったままなかなか実現しない方も多いと感じております。

 

そんな中、女側からみたありなしをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

【全然ありの場合】

 

女性もなんだかんだで男性と同じように考えている人は実は結構多いです。ですが女性からセ〇レにならないかと男性に誘いをかけることは

 

なかなか出来ることではありません。女性も同じように待っているパターンもあります。

 

見極め方としては2人きりでよくあってくれる、無防備なところがある、下ネタを話しても嫌がらないなど結構わかりやすいです。

 

いきなりホテルに誘うのは露骨ですので、どちらかの家に行くというのが自然でしょう。

 

一緒に飲んでるうちにうっかり、というのが一番多いパターンです。

 

付き合うつもりがないのであればふだんから彼女は作らない主義だと話しておくのが手です。

 

女性の性格にもよりけりかと思いますが、そのあと重くなりそうな相手であれば出来れば手を出さないほうがよいのですが、

 

きちんと一度やったからといって邪険にしたりしなければ大体の女性とはその後もセ〇レ関係を結んでいけるはずです。

 

→ 女友達の作り方

 

 

【ありといえばありの場合】

 

その女性が大学の同級生であったり、サークルの仲間であったり、職場の人間の場合は少し注意が必要です。

 

その後の自分の生活に支障が出そうな場合は慎重に事を進める必要があります。

 

下手に悪評を拡散されてしまっては、自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

 

きちんとまわりにはかくして関係を続けることを約束した上でセ〇レの関係を続けてくれそうな子であれば問題はないです。

 

付き合う気がないのであれば、そちらの最初から話しておいたほうが後々のトラブルを避けることができ、安全にセ〇レ関係を結ぶことができます。

 

 

 

【絶対無しの場合】

 

これは「付き合った人としか肉体関係は結びたくない」などと普段から考えているような女友達の場合は絶対無しです。

 

仮にやっとの思い出肉体関係になれたとしても、後からおそろしいことがまっています。

 

口では「付き合わなくてもいい」と言いつつドロドロとした感情がその女性には流れていますので最悪な結果になりかねません。

 

見極めはなかなか難しいかもしれませんが、きちんとそのあたりは話し合った上でセ〇レになりそうな女友達を探しましょう。

 

 

 

【最後に】

 

女友達とセフレな関係になるのはありなのか、なしなのかというところでいうと「人によっては全然あり、ただし相手選びに気をつけろ」というところになります。

 

きちんと事前調査とアフターフォローを怠らなければ、女友達とも楽しいセ〇レライフが送れること間違いなしですので、

 

男性は一度は憧れるこのシチュエーションに是非チャレンジしていただきたいものです。